介護福祉士として働いている、あるいはこれから働こうと思っているかたにお伝えしておきたいことは、山のようにあります。
今回はその山のなかから一つモチベーションに繋がるものとして、介護職で勤める際のメリットについて、少しお話をしてみたいと思います。

メリット1「人に喜んでもらえる」

このお仕事を続けるにあたっては、正直なところかなり高いモチベーションを必要とする ことは間違いありません。
仕事内容はとてもシンプルなのですが、体力も必要になりますし、結構きついなと感じる場面はやはり慣れてきても多いものです。
また、中には腰痛になってしまうような方がいたりと、基本的に体がしっかりしていないと続けることは難しいんじゃないかと思います。

そんな方に最も大切だと感じるのは、あなたは何故この仕事をしているのか?ということ。
お金が欲しいというモチベーションでこの仕事を続けるのは厳しいと思います。
でも、これが人に喜んでもらえる仕事だと思って頑張れる方なら、きっと長く続けることができるでしょうし、何よりもやりがいがあると思うのです。
このように考えられる方にはぜひこの業界にチャレンジしてほしいと思います。

メリット2「将来役に立つ仕事である」

高齢化社会と言われて久しいものですが、2025年を一つの目途として高齢化が更に進んでいくという見方が今では一般的な見解のようです。
時代がそのように進んでいくのだとすれば、この業界は時代を先取りしたお仕事であると言えると思います。

もちろん、仕事を実際に行っている現場は比較的大変で、苦労することもとても多いです。
でも、今このような経験をしておくことが、将来的に広く役に立つことは間違いないと思います。

メリット3「求人数が多い」

これも嬉しいポイントですね。
増え続ける需要に対して供給が全く追い付いていない、そんな状況がしばらくずっと続いています。
現場として人手不足で大変で、少しでも頑張ってくれる人材は常に求められているような感じですね。

ただ、求人は多いものの待遇が良いかと言われればそこは事業所によってかなり違いが出てきます。
なので、焦らずじっくりと自分に合った求人を探してみてほしいですね。

メリット4「ノルマが無い」

業界の性質上、特にノルマとなるようなものはありません
営業や販売のノルマに疲れてしまった方にもお勧めのできる仕事です。
ただ、ノルマはなくても実際の仕事はそれなりにハードですので、体を使ってお仕事をしたい方にもおすすめです。